TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


1/144 ジムキャノン5 

2008年06月08日 ()
ウオッシングが汚すぎたので少しきれい目に。
デカール貼って、つや消しトップコート。
完成ー。

GMC15.jpg

GMC16.jpg

デカールはパッケージのイラストに近いようなものを選んで。
キット付属のもの、ガンダムデカール、HiQpartsのものなど。
メイン(サブ?)カメラの赤いのはヤフオクで買ったもの。
GMC177.jpg

GMC18.jpg

ガンキャノンと。
ガンキャノンの量産タイプがジムキャノン。
GMC19.jpg



スポンサーサイト
12:52 1/144 ジムキャノン | (0) | (0) | 


1/144 ジムキャノン4 

エナメルのフラットブラックにてウオッシング。
GMC12.jpg

ドライブラシに挑戦。
難しい・・。
GMC13.jpg

カメラをブルーに。
後頭部アンテナを、ゼムクリップとウェーブC-パイプで作成。
アップには耐えられませんね・・。
GMC14.jpg


22:20 1/144 ジムキャノン | (0) | (0) | 


1/144 ジムキャノン3 

2008年05月31日 ()
塗装。
ロケット砲、腰アーマー前後、胴体上下はまだ未接着。

まずマックスファクトリーのベース・グレーMAXを全体に塗装。
ベース・グレーMAXは薄めずに濃度そのままで使えるので便利かなと。
GMC08.jpg


パッケージを参考に、頭のてっぺん、腕に赤いラインを付けた。
赤を適当に塗って、細いマスキングテープでラインを作り、
再びベースグレー。
白い部分はガルグレー>つや消しホワイト。
GMC09.jpg


フラットブラック、赤を塗ってジムキャノンらしくなりました。
手の装甲部分を白くしようと思ってたけど、やっぱりパッケージどおりに黒くした。
関節部分もとりあえず黒くしてみた。黒でいいかな。
GMC10.jpg

後頭部のアンテナ、まだ作ってないような気がする。
GMC11.jpg

続きはまた。



13:32 1/144 ジムキャノン | (0) | (0) | 


1/144 ジムキャノン2 

2008年05月25日 ()
加工部分を簡単に説明。
今回取り付け等に、瞬間接着パテSSP-HGを使ってみた。

【頭】
MSVより耳と後頭部を移植。
耳は、HG耳を平らにヤスって、そこにMSVのを付ける。
後頭部はMSVの頭から切り取る。
そのままだと少し横幅があるようなので、真ん中から切断し、少し幅詰め。
SSP-HGを使って取り付け。
GMC01.jpg


【胴体】
MSVよりキャノンのある右胸を切り取って取り付け。
首の部分、なんていうんでしょう、ネクタイの結び目がくる部分は、
キットのは使わず、プラ版で作成。
可動範囲が少し増えた。
GMC02.jpg


【肩】
MSVのを使用。
そのままだと小さくて使えないので、プラ版で幅増し。
GMC03.jpg


【手】
シールド取り付け部分をSSP-HGで埋めた。
左手は何も握らないのに穴が開いていてかっこ悪いので、プラ版で加工。
GMC04.jpg


【股間】
MSVでは上半身と一体なので切り取る。
HGの股関節部分に被せるのに邪魔な部分だけ削る。
そのまま被せるとHG側は無加工でも安定してそうなのでこれでいく。
GMC05.jpg


【足】
膝から下はMSVを使用。

膝は、ポリキャップがくるところに3mmの穴をあけるだけでOK!と思いきや、
分解組み立てを何回かしたら破損してしまったので、プラ版で補強。
プラキャップ隠しがそのままでは使えなくなったので、接触すする部分を削った。
GMC06.jpg

足首はボールジョイントを使用。
足の受け側はプラパイプ。
ボールジョイントの使い方間違っているような気がするけど。
MSVそのままよりは可動範囲が広がったので良しとします。
GMC07.jpg




やっぱり早く色塗りたいので、待ちきれなくて全体をベースグレーで塗装。
下地処理が甘すぎたのでヤバめ。
GMC08.jpg

15:10 1/144 ジムキャノン | (0) | (0) | 


1/144 ジムキャノン1 

2008年05月19日 ()
定番ですが、HGUCジムとMSVジムキャノンのニコイチです。
肩アーマー、オムツ、足首もMSVのを使用します。
キャノン取り付けをポリキャップにして後ハメ可能に変更したいけど、案が浮かびません。

2008.05.18 004

2008.05.18 007


【ジムキャノンについて学んだこと】
1.ジムのキャノンタイプではなく、ガンキャノンの量産タイプである。
2.試作1号機は頭部ガンキャノン、体ジム、両肩にキャノンで、ガンキャノンカラーだった。
3.試作機のバランスが悪いのを改善するため機体の重心を下げた。(すねの増加装甲はこのため?)

プラモ解説書、モビルスーツバリエーション連邦軍編<復刻版>より



06:09 1/144 ジムキャノン | (0) | (0) | 


TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。