TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


1/35 GUSTAV ジオラマ 


1/35グスタフのジオラマです。
草木をもっと増やそうと、100円ショップで使えそうな造花(造草?)買ってきたんですが、なんかやる気がおきないので、いったんこれで完成とします。

2012.09.03 141

2012.09.03 144

2012.09.03 161

2012.09.03 109

2012.09.03 106

2012.09.03 1441

2012.09.03 145




スポンサーサイト
13:02 1/35 GUSTAV | (0) | (0) | 


水面造りに挑戦 


ウッドフォルモで作った地面に水性ニスを塗ってみました。
「ウッド」っていうくらいだから、ニス塗ってもいいんじゃないかと思って。
2012.07.20 002

スタイロフォームが露出していたところにもニス塗ってみたら普通に塗れました。
ウッドフォルモが乾燥するときに反ったのか、木製ベースとの間に隙間が出来てしまったので、この後、隙間をウッドフォルモで埋めました。
2012.07.20 003

で、いつかやってみたかった水面の表現。
水の素材はいろいろありますが、モデリングウォーターなるものを使って、ジェルメディウムで仕上げる方法をとりました。

ベースの周りをガムテープで囲って、モデリングウォーターを流し込み。
ガムテープの固定が甘かったようで、隙間からモデリングウォーターがじんわりと溢れてきました。
それをティッシュで拭き取りつつ固まりはじめるのを待ってましたが、結局ほとんど流れ出てしまい、水深を確保できず。
モデリングウォーターが固まり始めたら、つまようじでチョンチョンやったりして水の動きを付けました。
ジェルメディウム(写真で白いとこ)を適当に塗った状態。
2012.07.20 011

ジェルメディウムが乾燥した状態。透明になります。
2012.07.20 012

やっぱりもう少し水深が欲しいので、ガムテープの囲いをきっちりめにして再挑戦。
しかし結局また漏れてしまって同じ過ちをくりかえし。
モデリングウォーターの後、ジェルメディウムの状態。
2012.07.21 008

乾燥後。もうこれくらいで勘弁しときます。
取説ではモデリングウォーターの着色は、硬化後にアクリル塗料で塗って、その上からさらにモデリングウォーターという方法が紹介されています。しかし私は水の着色というより、濁りの表現をしてみたかったので、1回目注入直後にアクリルのクリアーオレンジ+ブラウンを部分的に混ぜてみました。人が歩いた跡の濁りっぽいのを目指しました。
2012.07.21 009

歩兵が左足を前に出して水面がジャバジャバーってなってる感じ。
2012.07.21 012

ニスで適当に塗っただけの地面も、なかなかいい感じ?
2012.07.21 020

水しぶきとかを白で色付けるといいみたいだからやってみようかなと。
アクリルの白を持ってないからラッカーでも平気かな?
2012.07.21 023



13:36 1/35 GUSTAV | (0) | (0) | 


グスタフ歩いてるジオラマ作り 

すっかり間が空いてしまい、ほったらかしになりそうだったので、これのイメージでベースを作ることにしました。

グスタフは、何となく塗ってデカールを貼っています。キャノピーがうまく付けられないのでキャノピー無しでもいいかな。
ペースはホームセンターで買ってあったスタイロフォームを使用します。のこぎりで適当にカット。
2012.07.1<br />2 010

スタイロフォームにウッドフォルモを塗りました。植物は、KATOシーナリーセット情景素材なるものを持っていたのを思い出し、使ってみました。こりゃ便利。
まったくの無塗装でもこんな感じに。
2012.07.12 030

川か沼を歩いてるふうにしたいんですが、このままでもいいかも。
2012.07.12 035

水面を作って、グスタフをベースに固定しちゃうと、こんなふうにいろんな物を乗せて遊ぶことができなっくなってしまうので悩むところ。
2012.07.12 043
2012.07.12 050
2012.07.12 057



15:26 1/35 GUSTAV | (0) | (0) | 


1/35グスタフの配置を考える 

手乗りグスタフ、かわいいです。
2012.06.14 009

グスタフと兵士のレイアウトを考えます。

当初の配置イメージはこんなかんじ。
指差ししている指揮官と、後ろを歩く荷物持ち。地面は沼地で、足元にはSAFSの残骸。。
2012.06.14 016
川口克巳氏の迷彩ザクのジオラマを再現したかったのです。
http://www.style-s.jp/reports/REAL_TYPE/meisai_zaku10.html

でも1/35だし、コンパクトにまとめた方がいいかな?
2012.06.14 018

さらにコンパクトに。
2012.06.14 023

横長の台座もおもしろい。
なんかアートな感じがするような気がします。
2012.06.14 026

レイアウト決まらぬまま、少し塗ってみました。
どんな色にするのかも決まってません。
2012.06.14 036



17:41 1/35 GUSTAV | (1) | (0) | 


1/35フィギュアの顔塗装 

1/35フィギュアの顔の塗装しました。
だいぶ前に買ってあったけど箱を開けるのが面倒で積んであったヘッドルーペを初めて使いました。気持ち悪くなりました。

こんな感じ。けっこうイケてる風に見えます。
2012.06.11 019

が、アップにするとこんな感じ。
瞳がどっち向いてるんだか分からないし、首のとこのパテ修正跡がひどいもんです。
2012.06.11 01999

でもアップにしなければ十分だと思います。
自分ではこれくらいが限界!
2012.06.11 024



12:39 1/35 GUSTAV | (0) | (2) | 


COMMENT

  rodeon
どうもです。
ヘッドルーペは酔うよね(~_~;)
俺も一発で気持ち悪くなりました。。

しかし凄いペースですね!
コチラ、多摩川はかなり苦しいブツで参戦ます。。

  トノ
まさか、多摩川には例の大物……TXR!? <まだ言ってる

私は何を持ってくかすら決まってません。。
この1/35がうまい具合できたらこれにしようかなとも思っています。
小さくて運搬が楽そうだし。

ルーペはしんどいですね。
しかも大きく見えるからってうまく塗れるわけじゃないってことに気付いてしまいました。

コメントを閉じる▲

TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。