← 小型多脚戦闘スーツ 6 | TOP | 小型多脚戦闘スーツ 4

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


小型多脚戦闘スーツ 5 


グスタフの吸気システムを搭載することでマシーネンテイストを。
2010.01.026 056

ヒートペン+ランナーでボディを溶接。
2010.01.028 003

エポパテは形を作るためではなく、表面処理用として薄く盛りました。
おしりのマフラーはボールペンのキャップ。
ボディ右側の吸気口みたいなのは瞬着硬化スプレーのキャップ。
その他、瞬着の四角いキャップ、付け爪等が搭載されています。
2010.01.028 032

で、こんな感じに。
2010.01.99 050

形はもうこれでいいかなと。
でもアンテナ付けたほうがいいかな。
2010.01.99 086

ヘッドライトはおしゃれタイプの画鋲。
2010.01.99 040

せっかくだから名前も考えようか。
蜘蛛型ゾイドベースだから「 Spinne(シュピンネ)」。

BABEL ~世界の言葉~
http://www.tekiro.main.jp/?search=%C3%D8%E9%E1


スポンサーサイト
15:37 シュピンネ(Ma.k.+ZOIDS) | (0) | (0) | 


 ← 小型多脚戦闘スーツ 6 | TOP | 小型多脚戦闘スーツ 4

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 小型多脚戦闘スーツ 6 | TOP | 小型多脚戦闘スーツ 4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。