← AFS G-PAWN 1 | TOP | 小型多脚戦闘スーツ 完成

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


AFS Mk.Ⅱ 6 劇的ビフォーアフター 

今回のビフォーアフターは「AFS Mk.Ⅱ」。
1年以上放置され残念な状態のプラモです。

Ma.k.始めたばかり、というか本格的にプラモ作り始めたばかりだというのに、
アイデア先行で変なことして方向性を見失っていた状態です。
さらには、コピックやガンダムマーカーの汚しの実験台、
100円ショップの配線カバーがマイブームだったときに関節カバーの実験台にされる始末。

そんなAFSを見るに耐える状態にするため、トノが立ち上がります!



【 ビフォー 】
Mk2-54.jpg



【 アフター 】
2010.02.16 069

なんということでしょう!!
基本コンセプトは継承しつつ、こんなにもカッコ良くなりました。



まずは迷彩塗装がされている部分に注目しました。
これは装甲に迷彩柄のカバーを被せることにより、
お手軽に気分転換ができる画期的なオプション装備なのですが、
当時の私は大胆にも脳内イメージで迷彩塗装をしちゃってます。
そこで、ウッドランドパターンの迷彩を参考にして塗装し直しました。

2010.02 020



次にパイロットです。
余ったエポパテで作られたなんだか良く分からない顔が乗っていましたので、
素敵な表情でお気に入りな「Ma.kフィギュアセット」のヒゲのおじさんに乗ってもらいます。
ヒゲおじさんヘッドはミゼットMa.k風で使う予定だったのですが、神隠しに合い行方不明となってしまいました。
しかし、そんなこともあろうかと、おゆまる&エポパテで複製していたものがあるのでこれを使います。
頭が歪んでいますが、ヘルメットを被れば見えないので問題ありません。

2010.02 059



出来がひどすぎるので撤去した装甲カバーのエポパテで作ったウェビングですが、
ウィビングではないものの、関節カバーと同じ素材でゴムバンド的なものを作りました。
ちょっとした物を挟んでおくのに便利であり、黒い二本線がよいアクセントにもなっています。
またそこには、ヒゲおじさんの故郷である「Ma.kフィギュアセット」からの贈り物、
スパナが挟んであるという粋な計らいも・・・。

2010.02.16 047




それでは完成品をご覧ください。


2010.02.16 042

2010.02.16 044

2010.02.16 052


スポンサーサイト
21:45 AFS Mk.Ⅱ | (0) | (0) | 


 ← AFS G-PAWN 1 | TOP | 小型多脚戦闘スーツ 完成

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← AFS G-PAWN 1 | TOP | 小型多脚戦闘スーツ 完成
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。